銀行やローン会社から融資を受け、資金源としている中小企業はたくさんあります。

中小企業への融資を行う金融機関


銀行から融資を受けることは、中小企業からすれば、様々な困難があります。もしも銀行からあてにしていた融資が受けられなければ、中小企業の経営状態によっては、社員に給与が払えなくなったり、経営が続けられなくなって、時にはつぶれてしまいます。どのような判断基準に基づいて、銀行は融資をするのでしょうか。各金融会社には、金融庁がつくった金融検査マニュアルがあります。バブル経済の崩壊に伴って景気か悪化したことで、銀行にも一定の自己資金比率を確保することが求められるようになりました。銀行は、金融検査マニュアルに基づいて審査をすることで、自己資本比率を守ろうとします。マニュアルでは、中小企業の見極めをする方法として、いくつかの条件に基づいて格付けをします。融資すべきかどうかは、どのランクにいるかで決めます。この格付けに基づいて、高リスクの中小企業に対しては、銀行は慎重な融資を行っています。反対に、優良な企業だと判断されれは、銀行側は積極的な融資を行うようになります。格付けがよい中小企業は、より低金利で融資が受けられたり、希望額どおりの融資を速やかに受けることができたりします。






レディースジュエリー ブレスレット 通販

メンズ アウター 通販